baru_icon
baru_icon

【TH9】ユニットを大量に削れる!?ブラックホール型配置

スポンサーリンク


どうも、kouです。

1.ブラックホール型とは?

ブラックホール型とは、

意図的にユニットを置けるスペースを空けて、その周囲を範囲攻撃型の防衛施設で囲むことによって一気にユニット殲滅を行う配置です。

2015-04-18 13.17.10

これは極端な例ですが、イメージとしてはこのような感じになります。

ユニットを誘導するという点では、Southern Teaserと似たような配置と言えるかもしれません。

Southern teaserという配置について
どうも、kouです。 Southern teaserとは Southern = 南に面した、南側の teaser ...

2.ブラックホール型のメリット

防衛力が高い

初見プレイヤーや好奇心のあるプレイヤーが飛び込んできたら、高い確率で防衛できる点です。

ババアチャが飛び込んできたら、”飛んで火に入る夏の虫”です。

ただし、ユニットを継続的に投入してくれるように、

空けているスペースの脇にタウンホールやストレージを””として置く必要があります。

3.ブラックホール型のデメリット

通用しないプレイヤーもいる

配置を知っているプレイヤーは、もちろんのこと、

賢いプレイヤーも様子見でユニットを数体投入したのちに、特徴に気付くでしょう。

アロー型を知っているプレイヤーがアロー型の反対側から攻めるように、

この配置の特徴を知っているプレイヤーも外側から攻めてくるでしょう。

空けるスペースの周囲だけに防衛施設を集中させるのではなく、

外側から攻められる場合も考慮して防衛施設を配置する必要があります。

防衛施設が強化されていないと厳しい

特に、空白スペースのところに配置する隠しテスラはカンストが理想。

他の施設に関しては、

範囲攻撃のウィザードの塔と迫撃砲、全体を守るクロスボウ。

これらのレベルが高いことが望ましいです。

4.配置例

Screenshot_2015-04-18-15-18-23

Screenshot_2015-04-18-15-20-53

この部分が骨格。

ストレージをにして釣る形になっています。

Screenshot_2015-04-18-15-20-45

このエリアを範囲攻撃系の防衛施設でカバー。

Screenshot_2015-04-18-15-20-07

施設もまだまだ弱いし、テスラも着工中なのであくまで参考程度に。

5.動画

実際に攻められている様子も見ることができるので参考になると思います。

まとめ

仕組みが分かってしまえば簡単に攻略されてしまうという点では、あまりおすすめすることができません。

低いトロフィー帯で格下を釣ったり、裏リーグに行って戻るときに使えるのではないでしょうか。

ただ、面白い配置だと思います。

使ってみて更に分かったことがあったら追記していきたいと思います。

今回は以上です。

【クラクラ】裏リーグは本当に稼げるの?実際に行ってみた
こんにちは、kouです。 今回は裏リーグについて紹介したいと思います。 1.裏リーグとは 私も最近聞いた言葉なのですが、次の説明が...