baru_icon
baru_icon

【クラクラ】バルガゴ使いにおすすめ!バルーンの範囲攻撃を利用した資源稼ぎ

スポンサーリンク


バルーンの範囲攻撃について

バルーンによる範囲攻撃と言うと、援軍処理などに使われる落下ダメージをイメージする人が多いと思いますが、実は通常攻撃も範囲攻撃です。

Screenshot_2015-05-04-11-55-43

といっても範囲は非常に狭くて、1マス空くと(壁が1枚間に挟まると)隣の施設にダメージを与えることができません。

範囲攻撃が可能な例

2015-05-04 12.31.29

範囲攻撃が不可な例

2015-05-04 12.31.30

しかし、この範囲攻撃を知っておくことで、バルガゴで資源稼ぎをする際に、ガーゴイルだけでなく、バルーンでも稼ぐことができます。

バルーンの投入位置を少しずらす

これがポイントです。というかこれさえできればOK。

例えばこの陣形。

2015-05-04 12.45.16

真下からバルーンを投入すると、アーチャータワーしか破壊できません。

2015-05-04 12.45.17

しかし、投入位置をずらすことで隣接する施設も破壊することができます。

2015-05-04 12.45.18

範囲攻撃の有効範囲は?

エアバルーンの攻撃範囲は1.2マスです。

殆どの防衛施設は3×3マスで構成されています。

2015-05-04 13.14.25

例えば右下に隣接する施設にダメージを与えたければこの範囲にバルーンを送り込む必要があります。

逆もまた然りです。

2015-05-04 13.14.26

実際の様子を画像で見てみましょう。

隣接する施設を破壊できた例

Screenshot_2015-05-04-13-05-30

破壊できなかった例

Screenshot_2015-05-04-13-04-25

2枚目はボーダーラインっぽいですが、破壊できませんでした。

資源稼ぎにどう活かす?

マルチプレイでは、資源重視の配置がメインです。

守りたい施設を中心に置くというのが一般的ではないでしょうか。

典型的な例としては、ダークエリクサータンクを中心に置いて周辺を強力な防衛施設で塗り固めた配置。

他のストレージは周囲に置いて、壁で隔ててリスク分散。

さて、どう活かすかという問題ですが、

ストレージと防衛施設が隣接している場合に使えます。

例えばこういう配置。

Screenshot_2015-05-04-12-16-31

Southern Teaser型の配置です。

下の部分をほぼ削って中央にバルーンを進入できるようにしています。

中心部。

Screenshot_2015-05-04-12-16-32

ダークエリクサータンクとクロスボウが隣接していますね。

Screenshot_2015-05-04-12-16-33

オレンジ色のエリアからバルーンを出せばダークエリクサータンクとクロスボウを同時に破壊できるはず。

というわけでバルーン投入。

Screenshot_2015-05-04-12-17-01

レイジで加速。

Screenshot_2015-05-04-12-17-29

見事同時破壊。

Screenshot_2015-05-04-12-17-36

まとめ

ガーゴイルだけではなく、バルーンでも資源稼ぎできるよという内容でした。

資源稼ぎをするときは、ユニットを小出しにして時間をかけてじっくり攻めるのが好きなのですが、

それはユニットの耐久性や進行方向を確かめることでできるだけユニットを残して資源稼ぎをしたいからです。

そして、そのじっくり攻める中で得た知識は、対戦にも活かせます。

例えば、今回のバルーンの範囲攻撃を知っていれば、偵察時に防衛施設が隣接している箇所はないか?という視点が生まれます。

そういう視点を積み上げていくことで、戦略の幅がぐんっと広がりますし、クラン戦での全壊率も高まるのではないでしょうか。

今回は以上です。

【TH7】初心者におすすめ!バルガゴのやり方。
以前、こちらの記事でTH7は空軍の時代と書きました。 そこで今回は、TH7の空軍戦術の中でも特におすすめのバル...