baru_icon
baru_icon

【クラクラ】バルーン使いになるために身につけたい2つのスキル

スポンサーリンク


概要

ユニットキャンペーンでバルーンとホグの訓練時間とコストが半分になっています。

この機会に、ホグラッシュやバルーンラッシュの練習をしている方も多いのではないでしょうか。

今回は、私がバルーンを使うときに意識している2つのこと(視点)を紹介したいと思います。

これを覚えればバルーンの使いどころが分かってくると思います。

1.バルーンが何体必要か覚える

1つの防衛施設を破壊するのにバルーンが何体必要かということです。

覚えるというより感覚を掴むといったほうが適切かもしれません。

この感覚を持っているだけでバルーンの使い方が変わってくると思います。

このスキルはマルチプレイやクラン戦で簡単に養うことができます。

例えば、この外側に位置する大砲を破壊するのにバルーンLv5が何体必要か。

まず、「んー、アーチャータワー2体がカバーしているから2〜3体は必要だなあ」というように投入する前に頭の中で予想しましょう。

2015-05-13 23.42.19

そして実際に投入してみて合っていたかどうか評価します。

この作業を繰り返すことで予想した数と実際に必要な数の整合性が取れて(精度が増して)いきます。

これをTH5~6あたりから始めておくと後々大きな財産になりますよ。

この感覚を身につけることで得られるメリットは次の2点です。

1.編成の無駄を無くせる

バルーンは1体につきコスト5。地味ですが、数が増えると確実にコストを圧迫します。

例えば、バルーンラッシュでバルーンを25体にするか30体にするか。

これだけで5体分(=コスト25)の差が出ますよね。

25体で十分(であると分かっている)なら残りはガーゴイルやウィザード等の時間切れを防ぐためのユニットを加えることができます。

しかし、毎回特に考えずに30体にしている場合。いつか時間切れを起こすかもしれません。

要は、配置や防衛施設のレベルに応じてバルーンの数を微調整するということ。

それには、1施設を破壊するのにバルーンが○体必要という感覚を掴むことが必要です。

※もちろん、全ての施設に対して予想することは無理です。実際にこれが適用できるのは一番外側にある防衛施設だけでしょう。しかし重要なので覚えて欲しいです。全体的な視点で見るときは、村の対空施設のレベルを意識するようにしましょう。これも経験で積み上げていくことしかできませんが、例えばTH7のカンスト村をバルーンラッシュ(バルーン30体)で全壊できた。今回の村は、対空砲のレベルが一つ低いし、他の防衛施設もレベルが低い。バルーンを5体減らしてみよう、など。このように村の配置や施設のレベルに応じて適宜ユニット数を調整していくことで、丁度良いユニット数が身についてきます。もちろん、毎回同じ構成でもいいですが段々つまらなくなってくる気がします。

このスキルはバルーンラッシュ以外にも役立ちます。

例えば、裏バル。むしろこちらのほうが高い精度が必要かもしれません。

バルーンラッシュの場合は、バルーンがメインですが、裏バルは基本的に地上戦術に組み込まれます。

地上部隊が対空砲を全て破壊したあとに投入するサブ、いわば防衛施設のお掃除役ですが、必要数だけ入れることが重要です。

地上部隊がメインなので、地上部隊のコストを圧迫するわけにはいかないからです。(地上部隊が失敗して対空砲が1つ残ったら裏バルも失敗)

個人的には、THが上がるごとにより高い精度が必要になると感じています。

2.削りに役立つ

防衛施設に対してのバルーンの必要数が分かっていれば、必要なエリア・面を削るだけのバルーンを投入すればよいだけです。

トロ上げや全壊にこだわりがないという人は、部分的にバルーンを出すことでバルーンの消費を抑えれますし、精度を高める練習にもなります。

対戦においても役立ちます。

例えば、中央に対空砲が集まっている井型配置など。

1面を削って、中央にバルーンを送り込む際に、1面を削るのにバルーンが何体必要か。これは1つの防衛施設に対してバルーンが何体必要か合計に過ぎません。

このアーチャータワーに対して1体で十分なのに、3体出してしまったとなったらロスですよね。

序盤での削り用ユニットはいわば犠牲ユニットです。

目的の施設を破壊したり、援軍の釣り出しを行ったら役目を終えます。

そういった最初の使い捨てのユニットを最小限に抑えることが星3を取る上で重要になります。

2.バルーンのルートを覚える

バルーンは、最も近くにある防衛施設に向かっていきます。

例えばこのシーン。左下からバルーンを投入したらどう進むか。

2015-04-20 00.45.55

こう進みます。等距離に防衛施設がある場合は、より近い方に進みます。

2015-04-20 00.45.54

例えば2つ目の大砲を破壊した後は、バルーンの立っている地点で移動先が変わります。

2015-04-20 00.45.56

これは基本的なことですが、ルートを覚えておくことのメリットは次の3つです。

1.削りに役立つ

これは1番のスキルと関連しています。

ここまで削りたいというときに、バルーンのルートを知っていれば、投入数を想定することができますよね。

例えば、「あの対空砲を破壊したい。こっちからは4施設目。でもあっちからは2施設目だからあっちから投入しよう」みたいな。

要は、目的の施設からルートを逆算して最短で到達できるルートを導くということ。

これは、バルーンの進行方向を意識しているからできることです。

2.他のラッシュ系にいかせる

ドラゴンラッシュやホグラッシュに確実に活かせます。少なからず私は活かせています。

ルートを覚える(予測する)スキルがあれば、目的地の最短経路を求めることが可能です。と同時にその視点が身に付きます。

どういうことかと言いますと、

バルーンラッシュ ー 対空砲に最短で到達するにはどこから攻めればいいか(という視点)

ドラゴンラッシュ ? 対空砲に最短で到達するにはどこから攻めればいいか(という視点)

ホグラッシュ ? 最短で防衛施設を全て破壊するにはどこから攻めればいいか(という視点)

という視点で考えることができます。

この視点がない人は、ドララで1点出しをしたり、サイドカットせずにくの字で攻めたり、バルーンを村全体を囲むように出したりします。そういった攻め方はTH8以降は通用しなくなりますよ

ただし、ラッシュ毎の違いは把握しておく必要があります。

バルーンラッシュ

・対空砲を破壊するのが最優先

・防衛施設を狙う

移動が遅い(時間切れになりやすい)

・集まりやすい

ドラゴンラッシュ

・対空砲を破壊するのが最優先

無差別に狙う

ホグラッシュ

・全ての防衛施設をとにかく早く破壊する

・防衛施設を狙う

・移動がそこそこ早い

拡散しやすい(バルーンより)

個人的には、バルーンとホグの拡散性の違いが気になっています。ホグのほうが散らばりやすい気がします。だからか分かりませんが、ホグラッシュで時間切れは殆どありません。

3.防衛に活かせる

バルーンの通るルートが分かれば自分の配置にも活かせます。

配置を作成したあとに自分の村をバルーンで攻めるならどうするか?という視点で見直してみることです。

例えば、

・壁の中に対空砲を入れてるけど、バルーンのルートでは2番目(大砲→対空砲)だった。

・隠しテスラの置き場所が悪く、バルーンが流れない

など、弱点が見つけることができます。

その反省を改善すれば、空軍に強い村トラップの使い方が上手い村にすることができますよね。

まとめ

バルーンを使っている人には、当たり前のことかもしれませんが取り上げてみました。

思い返してみると、最初に作ったアカウントではTH8のときもずっとバルーンラッシュをしていたような気がします。

当時所属していたクランがみんなドラゴンラッシュばかりしていて嫌気がさしていたのとバルーンの強さを証明したかったからです。(当時はドラゴンのレベルも1で、TH9になってからドラゴンはレベル2にしました)

ただ、やっぱりTH8でバルーンは通用するわけもなくて、対空砲レベル5の村を狙ったり、外と中の防衛施設がカバーし合っていない井型の村を狙ったり、バルーンで全壊できそうな村を探していました。

そのような自分にとって都合の良い村を攻めつつ、バルーンの使い方を考えている内に今回紹介した2つの視点が身に付いたと感じています。

今回は以上です。

コメント

  1. 匿名 より:

    バルーンの出し方で防衛施設のサイドカットを覚えると、対空砲までの施設数を減らすことができてタイムロスだけではなく、バルーンはもとよりラヴァル編成でのラヴァのダメージの軽減につながります。
    上手な人のサイドカットは絶妙なタイミングで圧巻です。そこまでいかなくても早いうちから練習を重ねることでバルーンの扱いが上手くなるので、意味もなく平面で出すことから卒業するとからはじめるといいと思います。

  2. kou より:

    >匿名さん
    コメントありがとうございます。
    全く同感です。上手な人はサイドカットもしっかり出来てますし、何よりラヴァが丁度良いタイミングでパピィになりますよね。あの「早すぎず、遅すぎず」の絶妙なタイミングを私も身につけたいです。
    「意味もなく出すのは卒業」というのもまったくその通りだと思います。他の戦術にも言えることですが、私の考えでは「配置をどの視点から見るか」が重要だと思っています。視点の数は多いほど良いです。バルーンのサイドカットや削りも数ある視点の中で最善だから行っているわけで、意味もなく投入していてはその視点が生まれないと考えます。抽象的な表現になってしまいましたが、考えて出す→視点が増える→ユニット構成や投入ポイントが見えてくる→星3取りやすくなるという流れだと私は思っています。

    まったく関係のない所まで話飛んじゃいましたm(__)m
    またコメントよろしくお願いします(^^)

  3. 匿名 より:

    ホグのほうが散らばりやすい気がします。だからか分かりませんが、ホグラッシュで時間切れは殆どありません。

    移動が早いからに決まってるだろ
    何でそんなこともわからないの…

  4. kou より:

    >匿名さん
    コメントありがとうございます。
    その通りですね^^;
    移動速度が早いのは知っています。

  5. ada より:

    こんばんわ、

    最近、TH10でヒーロー育成にマスターあたりでバルガゴをしています。

    ずっと、陸専門できたため、バルーンの動きが面白いです難しくて(笑)

    参考にさせていただきます(^^)
    ありがとうございます。

  6. kou より:

    >adaさん
    コメントありがとうございます。
    そして読んでいただきありがとうございます。
    バルガゴいいですよね(・∀・)私も最近の資源稼ぎはバルガゴonlyです。

    • ada より:

      kouさん、バルガゴでダクエリ狩りをしてるのですが、オススメのトロ帯ってありますか?

      今、マスター1〜2あたりをうろうろしながら2000〜3000くらい稼げる村を狙ってやってます(^^)

  7. kou より:

    >adaさん
    コメントありがとうございます。
    私はマスターまで行ったことないので何とも言えないですね^^;
    マスター美味しいですか?(どれくらい検索回すかとか平均獲得量とかよければ教えていただきたいです)

    今はゴールド1〜2辺りでダクエリ1000以上の村を中心にバルガゴしています。
    先日、マスター目指してトロ上げしてたのですが、クリスタルが不味くて資源が枯渇してゴールドに戻ってしまいました(´・ω・`)