baru_icon
baru_icon

【クラクラ】星3取れない人はまず防衛設備ラッシュを極めるべし。

スポンサーリンク


防衛設備ラッシュとは

防衛設備を優先的に狙うラッシュのこと。

つまり、ホグラッシュバルーンラッシュです。

両方とも私が好きな戦術です。

本記事では、それ以外のラッシュは無差別ラッシュと呼ぶこととします。

※無差別ラッシュ:ドラゴンラッシュ、ウィズラッシュ、ネクロラッシュ

どうして防衛設備ラッシュなのか?

好きだから薦めるというのもありますが、それなりに理由はあります。

それは、防衛設備ラッシュが星3を取りやすい戦術だからです。

動きがシンプル

バルーンやホグライダーの優先攻撃目標は防衛設備です。どこから出しても全て防衛設備に向かいます。1つの防衛設備を破壊したら最寄りの防衛設備に向かいます。順に伝っていって、最後の防衛設備を破壊すれば、お掃除(残りの施設の破壊)に入ります。

これって、素晴らしい魅力だと思うんです。どこが魅力かというと、簡単にユニットをコントロールできる所です。ルートを構築して、必要な所にサイドカットを施せば自在に動かせます。

無差別ユニットでは、なかなか難しいです。私がGoWiPeやGoWiVaがあまり好まない理由はここにあります。要するに、ペッカやバルキリーがどう動くか分からないのです。同じ所から出しても外に流れたり、壁の中に入ったり。壁の中に入ったかと思えば、施設を破壊したらまた外に出たり。不確定要素はできるだけ排除したいので、あまり使いません。使いこなせれば強いとは思うのですが。ドラゴンも無差別ユニットですが、まだコントロールしやすい方かと思います。

※ホグとバルーンが流れる可能性があるのは隠しテスラによる影響だけです。

手順がシンプル

援軍釣り出し→援軍処理→(サイドカット)→防衛設備破壊→お掃除。

毎回このパターンです。援軍処理は、必須中の必須(失敗したら全壊不可)なので防衛設備ラッシュをすれば、自ずと援軍処理能力がUPします。

編成がシンプル

TH5バルーンラッシュ

写真 2015-05-20 2 07 12

TH8ホグラッシュ

2015-04-23 23.28.25

上の画像は、以前他の戦術記事で紹介したものですが、シンプルですよね。

・釣り出しユニット

・援軍処理ユニット(余りはお掃除ユニット)

・主力ユニット

手順がシンプルだから編成もシンプルです。

防衛設備ラッシュのメリット

上位戦術の基礎になる

ドラホグ、ドラバル、ゴレホグ、ラヴァバル、ゴレラヴァハイブリッド、GoWi系+裏バル、GoWi系+裏ホグ。

どの戦術もホグライダーかバルーンを使いますよね。中TH帯(~TH8)の使用経験の差がそのまま戦術・戦略に表れます。(主にユニット数、投入位置)

ユニット感覚が身につく

1施設破壊するのに○体必要かという感覚です。序盤での、援軍釣り出し、サイドカットで必要になってきます。TH9以降はコストを切り詰めた編成を考える必要がありますので、非常に大切です。

配置がこう見える

通常の配置はこちら。

2015-06-27 00.41.07

防衛設備ラッシュをたくさん行うと、こういう見方になります。偵察の段階で防衛設備しか目に入ってきません。2015-06-27 00.41.08

実際には壁も関係ないのでこうなります。

2015-06-27 00.41.09

3枚目は大げさだとしても、私はいつも2枚目のように配置を見ています。攻略の糸口が見えてきませんか。

※防衛設備だけを見て配置分析することを「バルーン思考」や「ホグ思考」と呼んでいます。(勝手に)

まずは、防衛設備の箇所だけをじっくり確認する。バルーンやホグがどういう経路を辿るか確認。いけそうなら防衛設備ラッシュ。無理だと思ったら、ドララやGoWi系の戦術で考える(ただし、バルーンやホグで削れそうなところはチェックしておく)といった感じです。

ちなみに上記のような配置攻略記事はこちらになります。↑のように見えていることが分かれば記事で紹介している戦術も理解しやすいかと思われます。

【TH8】対空砲密集型には、バルホグが有利!
1.バルホグとは バルーンとホグライダーをメインにしたユニット戦術です。 各々の役割は、 ホグライダー:中央の対空砲破壊 ...

まとめ

シンプルな戦術故に、基本的なこと(援軍処理やユニットの経由ルート等)を押さえておけば、簡単に全壊が可能です。

ぜんぜん星3が取れないという方は1度試してみることをオススメします。

【クラクラ】バルーン系記事をまとめてみた。
これまで書いたバルーンの記事をまとめてみました。
【TH8】ホグラッシュの編成と援軍処理について。
最近はまっているホグラッシュについてまとめてみました。 今回は、編成と援軍処理についてです。