baru_icon
baru_icon

【クラクラ】TH8全壊のコツは、エリアの切り分けにある!

スポンサーリンク


2015-09-11_02_00_33

今回はTH8全壊のコツについての記事になります。

裏ユニットの存在

TH8の全壊戦術の1つにGoWi系戦術がありますが、純粋なGoWiPeやGoWiVaではTH8終盤の村から全壊は厳しくなってきます。そういうときに用いられるのが裏ユニットです。

ここでは、裏ユニットの詳しい説明は割愛させていただきますが、一般的に裏ユニットは裏バルが裏ホグを指します。基本的には、GoWi系で中心部まで進んだ所で裏ユニットを投入して全壊を狙うという形になります。これは、中央まで進んだゴレやヒーローが壁に阻まれて一時的に進めなくなるために、裏ユニットで壁を乗り越えてサクッと防衛設備を破壊するという意図があります。(ゴレやヒーローが反対側の防衛設備のタゲを取るのが理想!)

私が以前このブログで紹介したバルホグも実際にはこの戦術の類似です。要するに、GoWi系をホグに置換しただけです。2連巨爆がなければホグを使ったほうが良いと私は思ってます。もちろん配置によりますが。

エリアの切り分けについて

裏ユニットを加えるときの1つの疑問が裏ユニットを何体入れればいいの?ということではないでしょうか。そこで重要になってくるのがエリアの切り分けです。

そもそもGoWi系+裏ユニットは、2つのパートに分かれています。前半はGoWi系、後半は裏ユニットです。比重は違いますが、両方とも大切です。この編成を考えるときには、各々のパートがどのエリア(防衛設備)を破壊するかをきっちり明確にしなければなりません。

2015-09-11 02.00.32

今回はこの配置を例に見ていきましょう。(ちなみにこの配置はよだれが垂れるほど美味しい村です。バルホグで美味しくいただきました。)

まずは、ブロック毎に重みをつけましょう。値は適当でいいです。

2015-09-11_02_00_33

次に、エリアを切り分けますが、GoWi系:裏ユニット=7:3 or 8:2が望ましいです。

今回、私はこの村をバルホグ(ホグラ+裏バル)で攻めたのですが、これも同様に7:3 or 8:2で。

2015-09-11_02_00_34

こういう風に分けられたらGoodです。囲ってない部分は全て防衛設備以外です。全壊イメージ湧きませんか?

この配置も

2015-09-11 02.01.41

こんな感じに。

2015-09-11_02_01_41

2パートに分けるとこんな感じに。

2015-09-11_02_01_42

今回は分かりやすくするために数値を割り振ってますが、普段はここまではやりません。ですが、頭の中で重みを考えてエリアを切り分けしています。

ちなみにこの比率のようにユニット枠を割り振れということではありません。GoWi:裏ユニット=8:2だからといって厳密に160枠と40枠に割り振るということではありませんのでご注意を。ただ、こうやって比率を設定することで大まかなユニット枠がイメージできますよね。(200枠の2〜3割は、裏ユニット8~12体に相当しますが、私は妥当なユニット数だと思ってます。)

編成のコツを挙げるならば、GoWi系(orホグラ)の方が想定エリアをオーバーしての破壊ができる編成でOKです。例えば、上の画像ならTHの左右下に位置する迫撃砲まで破壊するイメージです。というか、迫撃砲下のアーチャータワーがタゲれるような位置まで来れる位が望ましいです。その目的を満たせるように前半パートに割く枠を多めにして良し。どうしてかというと、前半パートのオーバーキルはメリット>デメリットです。メリットは、?想定以上の防衛設備を破壊できる?防衛設備を一時的にタゲれる(裏ユニットが長生きする)デメリットは、裏ユニットの数が少なくなる、です。一方で後半パート(裏ユニット)に多く割くと、前半パートが失敗する可能性があるというデメリットが発生します。だから、慣れるまでは前半パートにユニットを多めに割くことをオススメします。(だからといって裏ユニット2〜3体とかは駄目ですよ。6〜8体はどんな配置にも欲しい所)

具体的な攻めの検討については今後の記事で書けたらなと思います。

最後に最初に紹介した配置画像の攻めリプを貼ります。

こんなに余裕でいけるのは笑ってしまいます。トラップの重要性を感じます。

今回は以上です。

コメント

  1. 匿名 より:

    すごいですね

  2. kou より:

    >匿名さん
    コメントありがとうございます。
    普段はここまでこだわってませんが^^;