baru_icon
baru_icon

【クラクラ】なぞりって難しくない?って話

スポンサーリンク


cfepcisnsa

最近、イベント戦を積極的に行っています。

先日はTH8 Eliteさんと対戦させていただきました。

2015-09-27 11.03.43

序盤から差がついていたのですが、中盤に1つずつ星3を増やしていき、もしかたらいけるかも?と思ったのは幻想でした。後半で星を伸ばせず、結果を見ると星3の積み上げ数で大きな差が出て敗北。

今回は、この差がついた原因の1つだと思われるなぞりについてです。

なぞりとは?

なぞりとは、名前の通り、先に攻めたプレイヤーの攻めをなぞる(真似る)ことです。手順も編成もほぼ同じ。例えば、先に攻めたプレイヤーが99%で時間切れのとき、時間を意識してなぞる(※1)ことで全壊を狙うことが可能になります。

※1 時間を意識するとは、1つ1つの手順を早めるということです。90%以上の時間切れであれば、お掃除ユニットの投入タイミングを早めることで対応できると思われます。

なぞりの重要性に気付く

実は、私のクランではなぞりというのをこれまでしたことがありません。戦術については、特に制限を設けていませんので、好きな戦術で自由に攻めていいよ(ただしベストを尽くしてね)という方針です。

しかし、TH8 Elite戦の1つ前の対戦で、問題提起をしたメンバーがいました。

決して自分を持ちあげるわけではないのですが僕の攻めは97%でしたよね。97%まで取れたって事は見方を変えればあの攻撃に多少の工夫をしたら100%取れてたって事じゃないでしょうか。他人のプレイを見てコピーするのもこのゲームの大事なスキルだと思います。僕が9番を攻めた後、多くの方々が各々の手段であの村を全壊しようとしてましたが、僕の攻めに多少の修正点を加えて同じ攻めをするのが一番てっとり早くて無難だったんじゃないでしょうか?

同様のことは私も感じていました。というのは実は、この人が攻めた村は最終的に10連続防衛されて、最後まで全壊することができなかったからです。

この対戦もTH8のメンバー30人で行ったのですが、60回の攻撃権の内、1つの村に10回攻撃権を消費させられたわけです。これは、初めての経験でした。と同時にマズいと思ったわけです。「TH8 Elite戦で同じことが起こったら絶対負けてしまう」と。なぞりの重要性に気付いた瞬間でした。

なぞりを導入するも…

TH8 Elite戦では、時間切れで惜しい攻撃がそこそこありました。その村は、「なぞり推奨村」としてなぞり攻めをするように指示しました。

が、なぞりは尽く失敗しました。

これは私の戦略上のミスでもあります。「惜しい攻めをなぞれば楽に全壊とれるだろう」と考えていた私の短絡的な思考と誤った指示が原因です。

これが、星3の差に結びついています。(※冒頭の結果画像参照)

そもそも私もなぞりをした経験が殆ど無く、どれくらい難しいか全く理解していませんでした。そしてクラメンたちもこれまでなぞりをしていないことを知っています。要するに、「無茶振り」をしてしまったわけです。本当にすみません。

どうしてなぞりは難しいのか?

一言で言えば、

”再現が難しい”

からでしょう。まずはリプを見てプロセスを全て頭に詰め込まなければなりません。そして、それを1つずつ着実に実行していく。どこか1つでも手順を間違えたり、違うことが起こったらなぞりは終了します。

現にクラメンのリプを見ると、途中で上手くいかなくなってる人が大半でした。そこからは自力で立てなおしていくしかありませんが、なぞりが前提でプランを立ててるので全壊は厳しいでしょう。なぞりが失敗するということはプランが崩壊することとほぼ同じだからです。失敗した場合の対応策を考えておかないと、その時点で思考停止に陥り、あとは流れに身を任せるしかありません。

なぞりは日頃から練習しておこう

今回の反省は、強敵クランとの対戦でぶっつけ本番でなぞりをしてしまったことです。といっても、なぞったプレイヤーは2〜3人なので勝敗に変わりはありません。しかし、なぞりを成功させることで対戦の流れを変えることができたかもしれません。そう考えると、なぞりの成功率を高める努力は必要であると考えます。

何度もリプレイを見て、何度も頭の中でシュミレーションをする。そしてそれをクラン戦で実践する。この積み重ねだと思います。

対戦相手募集!!!

最後に宣伝です。

現在、クラン戦の対戦相手を募集しています。TH7〜TH9中心のクランの方は是非、よろしくお願いします。

以下は、当クランの大体の人数です。

TH7 10人

TH8 30人

TH9 10人

人数の組み合わせは、この範囲内でお願いします。例1)TH8 30人対戦 例2)TH7 5人、TH8 25人対戦

私のTwitterまたはこちらのコメ欄にて申し込みお願いします。細かい所は申し込み後に調整させていただければと思います。

今回は以上です。