baru_icon
baru_icon

【クラクラ】バルガゴによる資源稼ぎ(放置村編)

スポンサーリンク


遅くなってしまい申し訳ありません。

今回から3シリーズに分けて、実際のバルガゴによる資源稼ぎを紹介したいと思います。

今回は、放置村です。

編成

※この編成は3シリーズ全て共通です。

TH9

ユニット:バルーン×32?ガーゴイル×30

呪文:レイジ×3 ヒール×1

TH8・TH7

ユニット:バルーン×28 ガーゴイル×30

呪文:レイジ×2 ヒール×1

バルガゴで資源稼ぎをする際はいつもこの編成にしています。放置村、生産設備外出し村を狩る際は、それなりのガーゴイルの量が必要になりますし、防衛設備を破壊して中心のストレージから奪う際には、それなりのバルーンの量が必要になります。この両者の数がほぼ均等な編成は、多くの村から資源を奪うのに適した編成と言えるのではないでしょうか。

※編成に関しては、個人差があると思うので自分の好きな編成を探して見て下さい。バルーン×20 ガーゴイル×50が合う人もいれば、バルーン×36 ガーゴイル×10が合う人もいるはずです。

バルガゴによる放置村稼ぎのこだわり

放置村の攻め方は、テクニック的なものは存在しません。なぜならおそらく誰もが簡単に資源を稼ぐことができるからです。バルーンを数体出して、後ろからガーゴイルを投入。これだけです。ババアチャによる放置村稼ぎもババを出して後ろからアチャを投入ですよね。これとまったく同じ要領です。

しかし、これだけではあまりに不親切なので私なりのこだわりを紹介します。それは、「ユニットの節約」です。厳密に言うと、「バルーンの節約」です。

正直に言うと、放置村から資源を稼ぐにはババアチャをすればいいのです。なぜならば少ないコストで稼げるから。利潤を最大化するには生産コストを抑える必要があります。

それじゃあどうしてバルガゴをするのか?というと言うまでもないですが、「狩れる村の範囲が広がる」「中心部の資源を抜ける」というメリットがあるからです。しかしながら、放置村に対してババアチャと全く同じようにアプローチしたのでは、やはりコストが勿体無い。バルーンを全て使えばエリクサーを10万以上も消費してしまいます。

そこで節約が重要になります。具体的には、バルーンの節約。一方でガーゴイルは積極的に消費してかまいません。なぜならばガーゴイルは資源を稼ぐ主体だからです。また、生産時間が短いため、少し待てばすぐに回すことが可能です。

放置村の場合、バルーン15体、ガーゴイル20体以下の消費に抑えて、すぐにもう1回回す。2アタック1デフが理想形です。もちろん、1回目が放置村なら2回目も放置村狙いになります。

放置村の攻め方

使いまわしの動画ですみません。しかし、これにバルガゴの放置村刈りエッセンスは詰まっています。

1.防衛設備がカバーしていない生産設備はガゴ1体

2.防衛設備がカバーしている生産設備は先にバルーンを数体、背後からガゴ数体

基本は、この2点です。以下、2番の補足。

投入するバルーンの数は、カバーしている防衛設備の数・レベル・種類によって異なります。また、投入する前に目的を明確にする必要があります。

バルーンの投入目的は次の2種類があります。

1.防衛設備の破壊

2.時間稼ぎ

画像を使って解説します。

写真 2015-09-25 13 32 08

この画像では、アーチャータワーを破壊すれば生産設備への攻撃を邪魔するものがいなくなりますよね。従って、アーチャータワーへバルーンを2〜3体。生産設備へガゴを各1体出せば安全に資源回収ができます。これは1番に該当します。

写真 2015-09-25 13 32 23

続いてはこちら。今度は、アーチャータワーに加えて対空砲2本が生産設備をカバーしています。この場合は、アーチャータワーを破壊しただけでは、ゆっくり資源回収ができません。それじゃあ対空砲も破壊するか?というと否です。それではバルーンの消費が増えすぎてしまいます。ここでは、防衛設備の破壊をやめて、時間稼ぎとしてバルーンを使うのが得策です。また、バルーンの消費を抑えるためにガゴを多く投入して、素早く資源回収をする必要があります。

プラン?バルーンを4〜5体一気に出す。背後から各設備にガゴを数体ずつ

プラン?バルーンを2体出す。背後から各設備にガゴを数体ずつ出す。バルーンを1体ずつ追加で出していく(ドラゴンの援軍処理の要領)

こういったアプローチが考えられます。これは2番に該当します。

この2タイプのバルーンの投入を使い分けできるようになると、バルーンをより節約することが可能になります。そのためには、ユニットを投入する前に村の観察を丁寧に行うことです。生産設備をカバーしている対空防衛設備の数、その防衛設備をカバーしている対空防衛設備の数、位置、レベル等を頭に入れてしっかり計画を練りましょう。

もう1つコツがあるとすれば「時間をたっぷり使うこと」でしょうか。同時攻めではなく、1箇所1箇所に時間を掛けて丁寧に攻める。それでバルーンを4体節約できれば8分浮きますよね。消費を抑えることは、バルガゴの回転率アップに繋がります。

「ユニットを節約する」を裏返せば、「必要以上の破壊は行わない」とも言えます。従って、この方法では、トロフィー獲得は全く意識していません。そういう意味ではマスターやチャンピオンには適さない方法であることをここで断っておきます。

最後になりますが、バルガゴは、金・エリクサー・ダークエリクサーの3種類の資源をバランスよく狙える構成と言えます。しかし、効率を考えると疑問が残ります。金・エリクサーならババアチャやアチャゴブ、ダークエリクサーのみならマスターやチャンピオンズリーグに行って、クイ匕ーババアチャの方が回転率も高く効率が良いです。

でも、バルガゴの資源稼ぎは楽しいですよ(*´?`●)

3シリーズの次回は、「バルガゴで中心部の資源を抜く方法」を紹介したいと思います。

(1,000字に抑えるつもりが2,000字超えてしまった。。。)

コメント

  1. さかな より:

    すごいためになりました。今まで焦って全体的に攻めてたので今回ので反省しました。ありがとうございます!

  2. kou より:

    >さかなさん
    コメントありがとうございます。
    ためになって良かったです(^^)次作も早めに書きたいと思います。

  3. さかな より:

    次の更新はいつ頃になりますか?

  4. kou より:

    >さかなさん
    コメントありがとうございます。
    申し訳ございません。今週中に間に合わせます^^;