baru_icon
baru_icon

【クラクラ】TH8 Eliteに勝利した件。勝因を分析してみる。

スポンサーリンク


11/27に行われたTH8 Elite戦。

どんでん返しを起こしてしまいました( ∀ )

2015-11-28 12.36.27

どうやらEliteさんは初めて敗北したようです。

スクリーンショット 2015-11-30 20.40.58

TH8 Elite(JPN)公式サイトより

会長杯では当たりませんでしたが、その前に行った交流戦では我々の完全敗北でした。

2015-09-27 11.03.43

これで1勝1敗。次回に向けてまた精進するのみです。

今回は勝因を分析したいと思います。

1.ベストメンバーではなかった

これは大いに関係あると思います。Eliteさんは会長杯のときの無双メンバーではありませんでした。こちらも会長杯の一部メンバーはTH9に上がってしまったのですが、現時点でのベストメンバーで挑んだつもりです。

対戦人数が20人〜30人だったらきっと勝てなかったでしょう。

人財恐るべし。

2.序盤で良い流れを作った

開戦直後にガンガン星3を取っていくのが我々のクランの良いところであり、スタイルであると思うのですが、日本戦になると中々そういうわけにはいきません。一人一人配置をじっくり見つめて、ときには話し合い、プランを練りあげていきます。今回も慎重でした。

序盤で良い流れを作る方法は2つあります。

・連続防衛(星2以下に抑える)

・連続全壊

今回は、序盤に5連続防衛と5連続全壊ができました。

2015-11-30 20.45.13

2015-11-30 20.45.17

攻撃に関しては、あわよくば初回8連続星3でした。

連続防衛からの連続星3。これで流れを引き寄せることができたと思います。

普段の対戦でも前半で流れを作ることは大切です。下から確実に埋めて、星3を蓄積をしてクランのボルテージを上げていく。それは向こうにプレッシャーを与えることにも繋がります。

3.対戦前の紅白戦

対戦前に10vs10の紅白戦を2回行いました。マッチングは2回とも成功。1回目と2回目はメンバーを入れ替えて対戦を行い、攻めと守りをチェックしてメンバーの選抜を行いました。

写真 2015-11-23 0 54 16

良い刺激にはなりましたが、星3があまり取れませんでした。

配置が堅いのももちろんありますが、全壊対策陣の攻めに慣れてない人が多かったことの方が要因としては大きいと感じています。攻撃重視で選抜を行いました。

4.各々の得意戦術で攻めた

のだと思います。(全員の得意戦術を把握しきれてません;;)

バルホグが得意な人(私ですが)はバルホグ、ホグラが得意な人はホグラ。会長杯に出場して、全壊対策陣に慣れている人は、ゴレホグという感じでした。

ゴレホグの人は、ゴレ1ホグ27(手持ち22+援軍5)編成が多かったです。

まとめ

私なりに勝因を分析してみました。

やはり1番は15人対戦だったことかなと思います(20人以上だったらこっちがガタガタだった)

次回は、さらに大人数で対戦できるように育成に力を入れていきたいと思います。

私のサブ垢”結界師”はこれからもTH8でいます。

最後に

バルの宅急便が45人前後なのでTH8メンバーの募集をもうすぐ締め切ります。

興味のある方はお早めにクランへお越しください!

ホグの宅急便(TH9クラン)はまだ15人前後の枠があります。こちらもよろしくお願いします。

http://cockouryaku.net/page-3716

次回は、リプを紹介します。

コメント

  1. Eito ~Th7初心者~ より:

    >Kouさん
    ガゴの宅急便には入りたいのですがホームクランがあるので一回クラン戦をして戦術を学ぶ程度しかいられません(^_^;)
    それでもよければ入りたいのですが、もし迷惑になれようであれば無理は言わないのでそこだけ教えていただければ嬉しいです♪

  2. kou より:

    >Eitoさん
    コメントありがとうございます。
    参加条件を満たしていれば、1戦だけでも参加OKです。