baru_icon
baru_icon

空軍最強説~レイジ型ペンタラヴァ編~

スポンサーリンク


こんにちは、少し間が空いてしまいましたTeです。

プレミアリーグが終戦しました。結果発表とその他雑記は交流戦が終わったらということで。

さて、そのプレミアリーグで戦った百年の孤独さん(今月で解散するそうです(´・ω・`))が面白い戦術を使っていたのでクラメンのぴっとさんに偵察に行ってもらいました。

ではぴっとさんどうぞ~

こんにちは。バル宅のぴっとです。

先日Prime Numbersさん主催のPremium Leagueに参加したバル宅。

7週間に及ぶ攻防の末、34敗という結果に終わってしまいました。

そんなPremium Leagueで特に気になったのが、ryuyaさん率いる百年の孤独さんが用いた戦術、ペンタラヴァです。

ライトクエイクで対空砲を一本へし折るタイプは以前当ブログでも取り上げましたが(http://cockouryaku.net/6013)、今回百年の孤独さんが用いたのはレイジヘイストポイズンのみの超攻撃型編成。

そんな火力極振りの編成はバル宅th9の約半分を更地にしていきました。

こんな戦術を放っておくのは空軍使いの沽券にかかわる!ということで、さっそく百年の孤独さんに見学を申し込んだところ、快く承諾していただいたのでありがたく取材させていただきました。

「ラヴァのHPとバルーンの攻撃力をマッチさせたth9最強の戦術」

そう言い切ったのは百年の孤独所属のもやかわさん。

ひょこっと現れ、「ペンタラヴァとか適当極まりないよ」と言い、

そしてフレチャレで全壊を叩き出していきます。

驚異の12/13

私の手持ちの配置も全部更地に… (´;ω;)

そんな気になるペンタラヴァのテンプレ編成は、

              バルーン 19

              ラヴァ 5

              回収用ユニット5

              レイジ 4

              ヘイスト 1

              ポイズン 1

といたってシンプル。

プランニングは、天災型のペンタラヴァとはやや異なります。

注意点は主に以下の3つほどでしょうか。

 

1.       ポイズンは援軍処理に使う

 

意外に思われる方も多いのでは?

自分も今まで空軍でクイーンを処理する際にはポイズンを用いていました。

しかし、基本的にはラヴァで受けきれるそうです。

クイーン30才のDPA245、体力6200のラヴァ2才なら十分受けきれます。ただし死にかけのラヴァがクイーンにタゲられると少しきついです。なるべく新品のラヴァを用意しましょう。

当然スケルトンを持ち込む必要もありません。ついでのレイジパピィで十分です。

 

2.       基本的に面出しはしない

 

個人的に一番驚いたのがこれです。

極端に対空砲が偏った配置以外では基本的に回すようです。

基本は片方に向かわせたバルーンをカットのみと切り捨てて片回しとするのですが、配置次第で両回しにすることもあります。

例えばフレチャレのとある配置には、時計回りのバルーンがASでとどまっている間に反時計回りの集団をレイジで加速、最終的に合流する、というプランをとっていました。(どうしてそれが見えるんだ・・・)

バルーンはいつも通りの各3出し。

クロスもレイジで突破するので合流はあまり考えなくて大丈夫です。

ラヴァは対空砲の破壊順に合わせて2,2,1と出します。

ただし、最初の対空砲破壊後に回したい方向と逆にラヴァが行く場合、もったいないのでラヴァは1,3,1とするそうです。またその際に1本目の破壊に用いるバルーンは最小限にとどめましょう。

また、配置次第では回転型ではなく収斂型を用います。

こちらは難易度が回転型に比べて高く、また私が詳しく書けるほど精通していないので説明を一旦断念させていただきます。

レイジ型ペンタラヴァの、配置ごとの大まかなアプローチ法については後日まとめます。

 

3.       あまり深く考えない

 

「ふざけんな!」とお思いの方々、大丈夫です。

私もそう思います。

しかしもやかわさん曰く、

「考えた瞬間対空砲にバルーンが行くのが遅くなるから」

とのことです。

なんとなくわかるような気もします。

人間の視覚刺激に対する単純反応時間でさえ180200ミリ秒です。。

ここに思考の時間を加えてしまうと、全壊してなお1分を残す、速度重視のこの戦術において致命的ともいえる遅れになるのかもしれません。

ですので、なるべく数をこなして、感覚に頼ってしまうのがベストなのでしょう。

 

4.       その他諸注意

 

バルーンはなるべく近くから出します。これは普段から空軍を扱う方には言うまでもないことでしょう。

レイジは、バルーンがラヴァに先行しないように出していきます。

そして先述したように、この戦術は速度が命です。

したがって呪文を出し惜しみしてバルーンを減らすぐらいなら、序盤にドバっと使って終盤に大量のバルーンで押し潰す方針を取った方が良いです。

動画撮影の環境が整っていないために、画像で配置を参照しながら、もやかわさんのプランニングをお送りしていきます。

用意したのはどこかでパクってきたこちらの配置。

Premium Leagueでも基本この配置を使ってました。

まずはバルーン3枚にヘイストをかけて、援軍をつり出します。

つり出した援軍にポイズンをかけながら6時でヒーロー部隊で処理。

今回の中身はラヴァだったので処理するまでもありませんでしたが。

ついでに援軍処理をしたヒーロー部隊でWTまで落としていきます。

そして空回しのお時間です。

基本的にはASに逆らわないように回します。

そう、ASは鬼嫁と同じです。逆らってはいけません。

というわけで、まずクイーンのタゲを取るべく、ラヴァを18時から投げます。

おそらく9時の対空砲に向かわせるつもりだったのですが、逸れて6時に向かいます。

10時の対空砲に3体、1時の対空砲に1枚向かわせます。

残り1枚は後出しで6時に投げるつもりだったようですが、残念ながらすでにラヴァは尽きてしまいました。

そして外周の防衛設備に向けてバルを配備していきます。

クイーンは対空砲の近くにいるので、9時にレイジを投げておけば勝手にパピィで死にます。

また12時にもレイジを投げて、速度のバランスを取ります。

2時区画のバルーンはどうしても鬼嫁ASに逆らってしまいます。

レイジで強行突破じゃい!

嫁がなんぼのもんじゃい!

おらツマミ持ってこ痛い痛い蹴らないですみませんごめんなさい。

6時もXBが鬱陶しいのでバルーンにレイジをかけて黙らせます。

ポイズンをクイーンにかけていますが、あくまで「余ったから」です

というわけで、大量のバルーンの前にテスラ帯もあえなく撃沈。

クイーンもいつの間にか沈んでいます。

しかもまだラヴァが生き残ってます。

あとはお掃除タイムです。

とまあそんなこんなで、両ヒーローを残しながらあっさりと全壊されてしまいました。

というわけで、長々と語ってきましたがいかがでしたでしょうか。

もやかわさん曰く、「苦手な配置はあれど、ペンタラヴァで落とせない陣は無い」とのこと。

もちろん、使い手にはそれなりの技量を強います。

また、プランニングがほぼ役に立たないため、経験とその場の判断力が重要になります。

しかし、やはり十分に練習する価値があるといえる戦術でしょう。

そしてこの戦術はフレチャレに多い援軍ラヴァゴレに対して莫大な威力を誇ります。

対戦で、フレチャレで、この強力な“鉾”と“盾”を扱って大暴れしましょう!

 

ご協力くださったクラン「百年の孤独」のryuyaさん、ユウさん、もやかわさんをはじめとする皆さん、ありがとうございました。

この強力な戦術を扱うクラン「百年の孤独」に興味を持った方々、クランページはこちらです。http://coc-clan.info/918

クラン「百年の孤独」は7/24を以って解散となりました。

お疲れ様でした。またいずれ、機会があればどこかでよろしくお願いします。

 

今回何度かフレチャレを行わせていただきました。

その時ペンタラヴァに対して最も高い防衛率を誇った僕の手持ち陣を置いておきます。

「意外!それは梟ッ!」

はい、ということでぴっとさんありがとうございました。

実はこの戦術でそこそこの防衛率を誇っていた僕の陣もやられてたり…

今回はこの辺で~